腰痛について

腰痛は大きく2種類に分けられます。

一つは
いわゆるケガです。
腰を打った、ひねった、ぶつかった時に
筋肉が腫れたり、骨が欠けたり何か怪我をして痛む場合

もう一つは
日常生活の姿勢によるもの。いわゆる癖ってやつです。
怪我はいつか治ります。
しかし、お仕事で痛みをおこすような座り方をしていたり、
怪我した痛みをかばって妙な恰好が癖になったりしていると、
いつまでたっても筋肉は疲労したままです。
これは針灸だけではなかなか改善しません。
そこで、当院ではアレクサンダー・テクニークを用いて、この癖に気付いていただくことから始めます。

この2種類を解説していきますね。

外傷性(怪我)の痛み

姿勢性の痛み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>